Monthly Archives: 6月 2024

介護職員のいつもの挨拶にプラスひと言が効果的

みなさん 挨拶をしていますか?
私のマンションの中の住人の方でこちらが
おはようございます」
「こんにちわ」
「こんばんわ」
と挨拶してもし換えwしてくれない方も少なくありません。
挨拶してくれないと逆に「ムカッ!」としてしまうのはなぜなんでしょうかね・・・

商売人と政治家は暗がりの電信柱にでも挨拶しなさい!
これ、私が敬愛する社長さんに言われた言葉です。
それくくらい挨拶が大事なんです。

挨拶なんてしたくない相手でも挨拶を続けていくと関係修復の糸口になります。
実は私、以前の職場は不動産屋でした。
そこではいわゆる地上げ
つまり立ち退き交渉をさせられていました。
自分の都合にに関係なく「出て行け」と言われるのですから地上げされるほうはたまったものではありませんよね、
案の定 話なんて聞いてなんかくれません。
しかし、何度も何度も挨拶に行っていると徐々に相手も態度を軟化してくれるのです。
あれほど嫌っていた私の話を聞こうとしてくれんですね。

そこで挨拶位のコツもお話ししておきます。
典型的な挨拶は儀礼的なもので終わってしまいます。
そこにいま一歩 相手と距離を縮めたいのであれば
何かひと言をい付け加えることをおすすめしまう。
たとえば
「おはようございます」
と挨拶した後に
「今日は寒いですね」
「今日はいい天気ですね」
でもかまいません。
なんでもいいので双方に関係があったりお互いの心を結びつける話題をつけ加えるのです。

元気がなさそうな同僚には
「おはよう、今日も頑張っていこうぜ」
ぐらいは言ってもいいです、
ただ
「おはよう!あれ、どこか具合でもい悪いのか?」
なんてあまりネガティブな言葉はおすすめできません。

部下に対しては
「おつかれさん!さっきのレポートは良かったよ」
とか
「おはよう、昨日 顧客の〇〇さんが君のことをいたく褒めていたよ」
そんな言葉を聞いてモチベーションが上がらない武漢当ていないと思うのです。

いつもの挨拶にちょっとひと言加えるだけで相手との距離がグッと縮まったり、相手の気持ちがパッと明るくなるものです。
介護職 50代 未経験 仕事 覚えられない

室内飼いの犬のオシッコのおもらしは放っておくと癖になる

室内犬の場合、どうしても部屋の中でおもらしをする癖がついてしまいがちです。
この飼い犬の部屋の中でのおもらしを放っておくと癖になってしまう恐れがあります。
ですからおもらしが癖になる前にきちんと躾をしなければなりません。

まずよくやるのが通称「うれション」です。
飼い主が帰宅した時などどうしても興奮してお氏kとおw漏らしてしまいます。
そんな「うれション」癖のある飼い犬には、帰宅時にはとにかく無視するのが効果的です。
しばらくして興奮が冷めたころ合いも見て、相手をしてあげるのです。

帰宅した飼い主が愛犬の相手をすることでますます犬は興奮してもおもらしオシコをしてしまいます。
犬に帰宅時には玄関先で興奮する必要がないことを学習させなければなりません。
どうしても、帰宅持にちぎれんばかりに尻尾を振って駆け寄ってくる愛犬委思わず飼い主も名電話したくいなるものですが、そこはグッと我慢です。

また、政権がお漏らしをするのは他の原因の場合もあります。
・いつも叱られて場k砂利でいる
・無視されている
そんな愛情に植えた犬の場合おもらしが多いと言われています。
そうした犬は、
「もっとかまってほしい」
と飼い主の気を引くためにおもらしをするのです。
ですから一生懸命愛情を注いで可愛がってやれば治ることもあります。

また、彦志や部屋の模様替えなどで大きく環境が変わった時にも犬のおもらしは良く起こります。
特に老犬?場合は環境の変化に神経質なことも多く、不安を感じやすいものです。
しかも老犬ほど膀胱の括約筋がの能力が低下していておもらししやすいのです。
環境が変わった時ほど、しばらくは以前よりもいっそう可愛がってあげて朗家の不安を取り除いてあげてください。
そうすればおもらしもしなくなります。

とにかう犬のおもらしは要注意です。
単に叱るだけではなかなか治りません。
複数頭飼いの場合、おもらしする犬はいつも決まっているはず。
だからこそ、気を付けて早めにおもらし癖は矯正しましょう。
犬 認知症サプリ 毎日一緒 最安値